075-352-3767

ブログBlog

Blog

075-352-3767

営業時間

10:00~20:00
最終受付時間 19:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 自分も頑張るコロナ対策その2(皮膚のバリア機能アップ!)【体の不思議】*四条烏丸エリアの鍼灸院*

体の不思議

自分も頑張るコロナ対策その2(皮膚のバリア機能アップ!)【体の不思議】*四条烏丸エリアの鍼灸院*

コロナ対策

目次

自分も頑張るコロナ対策~前回の続き~

自分も頑張るコロナ対策についての最後のポイントです✨



前回のものもそうですが、

人間に備わっている自己防衛力の一つ一つの影響は決して大きなものではありません。

ですが、大切なことは相乗効果自然の力もいっぱいもらって、

普段から自己防衛力を高めておきましょう👍


ここでは、皮膚のバリア機能について東洋医学的に説明した後、

その働きをスムーズにするツボをご紹介しましょう☆彡

③皮膚を強く保つ

最後は、コロナウイルスが実際に入ろうとする場所(皮膚)を強く保つこと💪


気は、エネルギーを持って心身に活力を与える物質です。

その1つに衛気(えき)という気があります。

衛気は、口から摂取した飲食物から



東洋医学的臓器である脾(今の膵)胃で生成され、



肺の作用により体表を巡ります 🔄



衛気の仕事は、皮膚の伸び縮みや汗腺の開閉を調節して

外邪の侵入から人体を守ることです。

おすすめのツボ👍

ですから、ツボの力を借りて

脾胃と肺に力を与え衛気のはたらきを高めるとしたら…


脾の経路(脾経)のツボである
・陰陵泉(いんりょうせん)


胃の経路(胃経)のツボである
・足三里(あしさんり)


肺の経路(肺経)のツボである
・太淵(たいえん)


などを軽く按(あん)じてあげると、気の生成という観点において、皮膚の勢いが得られるかもしれません♪

今回ご紹介したツボの場所はこちら✨

陰陵泉・足三里・太淵

陰陵泉(いんりょうせん)脛の骨の内側縁を指頭で膝の方まで撫で上げたとき、指が止まるところ

足三里(あしさんり):膝を軽く曲げた時、お皿の外下にできる凹みから10センチほど下にあって、おすと「じーん」と響くところ

太淵(たいえん):手首を少し曲げて、その掌側に出る線の親指側はし。骨の出っ張ったところより少し内側で血管のどくどくが触れるところ





空鍼癒院では、人の体に備わっている自己調整力や自己防衛力を高めるお手伝いをするための施術を行います。
ご自分のお体に対する心配や興味・関心などがありましたら、ぜひお問い合わせください。

シェアするShare

ブログ一覧